2018年03月25日

戸田市長神保国男「私の思いを託します」 安定、継承、その先へ 石津けんじ

pamph201710.jpg

 平成10年より戸田市長として5期20年、住み続けたいまち戸田をめざして全力で取り組んできました。この路線を石津けんじさんに託します
 石津さんは、北本市長として3期務めた行政のトップとしての実績と、戸田市副市長を約2年務めた、安心して任せられるリーダーシップがあります。任せたぞ!石津けんじさん。
(戸田市長 神保国男)

 人を幸せにしたい。教育でも、福祉でも、より良い環境を創るには政治しかないーーと、26歳で北本市議会議員になりました。現在までずっと一貫して、この信念を根幹に歩んできました。残りの政治人生を戸田に捧げて、安心、安全に暮らせるまち、住みやすいまちづくりを実現するために全力を尽くしてまいります。
(前戸田市副市長 石津けんじ)


posted by 石津けんじ at 00:00| 戸田市長選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月19日

戸田公園駅前で街頭ご挨拶。4年間で実現する100の政策の中からお話させていただきました。

戸田市民の方へのお約束。4年間で実現する100の政策について、その一部を街頭でお話させていただきました。

お配りしている100の政策(ダイジェスト版)、どうぞ皆さまのご意見をお寄せください。

副市長時代に戸田市の現状をくまなくみて、戸田市副市長として、また戸田市政策研究所所長として、これからの戸田市に必要な政策を提言してまいりました。

市のトップに求められる政策能力は、10年先20年先を見通しながら政策を立案する力、政策実現に必要な財源を創り出す力、必要に応じて市役所内の組織改編力、外部との提携力、その他です。

100の政策の全ては、ホームページや選挙前にお配りしていた政策集に書いておりますのでどうぞご覧ください。

posted by 石津けんじ at 13:51| Comment(0) | 戸田市長選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

石津けんじ(戸田市長候補・前戸田市副市長)ホームページをリニューアルしました 100の政策などを掲載しています!

昨日の戸田市長選挙への立候補届出に先立ち、一昨日、石津けんじホームページをリニューアルいたしました。

4年間での実現をお約束する100の政策も掲載しています。

どうぞご覧ください。


スクリーンショット 2018-03-19 13.26.11.png

posted by 石津けんじ at 13:30| Comment(0) | 戸田市長選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

戸田市長選挙に立候補 出陣式での石津けんじご挨拶

3月18日に始まった戸田市長選挙。午前8時半に立候補届出を済ませた後に出陣式を開催いたしました。

無所属・自民党推薦での立候補。

出陣式には、神保国男戸田市長、田中良生内閣府副大臣、細田よしのり埼玉県議会議員、三浦よしかず戸田市議会議長(戸田市公明党市議団団長)、榎本もりあき戸田市議会議員(みらいの会)、伊東ひでひろ戸田市議会議員(平成会)、山崎まさとし戸田市議会議員(平成会)、さいとう直子戸田市議会議員(平成会)、みねぎし義雄戸田市議会議員(平成会)、林冬彦議員(平成会)、蕨市議団の皆さまを始めとする多くの皆さまに応援・激励に駆けつけていただきました。

心より感謝申し上げます。

posted by 石津けんじ at 13:18| Comment(0) | 戸田市長選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

戸田市長選挙に立候補 田中良生内閣府副大臣から応援・激励の言葉をいただきました

戸田市長選挙に立候補届出いたしました。掲示板番号は1番です。

出陣式では、応援に駆け付けていただいた田中良生内閣府副大臣より激励の挨拶をいただきました。

posted by 石津けんじ at 13:06| Comment(0) | 戸田市長選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

戸田市長選挙に立候補 神保国男戸田市長より激励の挨拶をいただきました

戸田市長選挙に立候補届出いたしました。掲示板番号は1番です。

出陣式では、応援に駆け付けていただいた神保国男市長より激励の挨拶をいただきました。

posted by 石津けんじ at 13:03| Comment(0) | 戸田市長選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月18日

本日、戸田市長選挙に立候補手続きいたしました。掲示板番号1番です。

本日、戸田市長選挙への立候補手続きを終えました。掲示板の番号は1番です。


10時よりかわしん駐車場をお借りして東部地区出陣式を行いました。


無所属での立候補ではありますが、自民党推薦をいただいており、自民党国会議員内閣府副大臣田中良生氏、県議会議員細田よしのり氏、公明党戸田市議団団長・戸田市議会議長三浦よしかず氏、蕨市議団の皆様をはじめ、多くの来賓、来場者の方がお集まりくださり激励いただきました。ありがたい限りです。


IMG_5046.JPG


その後、正午より、笹目で西部地区出陣式。


こちらにも、自民党国会議員内閣府副大臣田中良生氏に来ていただき、力強いご支援のお言葉を頂戴しました。


その後は、戸田公園駅で駅立ちご挨拶。立候補のご報告と、実現をお約束する100の政策について話をさせていただきました。


私の姿を見つけて握手をしに来てくださる方もいて、元気でました。感謝申し上げます。


IMG_5068.jpg

posted by 石津けんじ at 22:22| Comment(0) | 戸田市長選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月17日

「戸田市民のために、責任持って市政にあたり、この戸田市を伸ばしていける人格、政策力、実行力を備えているのは石津さんだけだ!14万人の市民のために戸田市を頼みたい!」という神保市長の思いをいただき、明日に臨みます。

今日は朝から戸田公園駅でご挨拶。「暮らし続けたい戸田市を実現する100の政策」を受け取っていただきました。

駅に立っていると親御さんに連れられた幼稚園児くらいの子供さんがやってきて「いしづけんじ〜!」と声をあげ、また、別の3歳くらいのお子さんも「けんじ〜!」と呼んでくれました。子供たちに人気があるのかな。心温かくなって、朝から立ちつ続けた疲れが一気に吹き飛びましたよ。

そういえば、親子三人連れで来られたご家族も「写真撮っていいですか?」と尋ねられ、わたしを真ん中にして家族で記念撮影されていかれました。平日の駅立ちではない経験。やはり心が和みました。

自分の政策をわかっていただきたくて、その一心で立ち続けた駅立ちご挨拶ですが、今日は特に多くの方に政策リーフレットを受け取っていただきました。ありがとうございます。

いよいよ明日、戸田市長選挙が告示されます。22年間、行政経営を経験し、その中で得たものを戸田市のために使わせていただきたいです。

「戸田市民のために、責任持って市政にあたり、この戸田市を伸ばしていける人格、政策力、実行力を備えているのは石津さんだけだ!14万人の市民のために戸田市を頼みたい!」という神保市長の思いをいただき、明日に臨みます。

IMG_4973.jpg
posted by 石津けんじ at 22:30| Comment(0) | 戸田市長選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月16日

朝は北戸田駅、夜は21時半まで戸田公園駅で駅立ちご挨拶させていただきました。

朝は北戸田駅、夜は21時半まで戸田公園駅で駅立ちご挨拶させていただきました。

うちは共働き家庭。子育ても夫婦で分担し、数年前までは学童保育への送り迎えも私が担当していました。なので、子育て真っ最中で共働きのご家庭のご苦労もわかります。

今、駅でお配りしている「暮らし続けたい戸田市を実現する100の政策」には、子育て真っ最中のご家庭にとって応援になる政策をいくつも揚げています。

特に、保育所や学童保育の誘致や改善、住宅対策、育児しながらの就業を希望する女性の支援になる企業誘致(昨年私が誘致した北戸田駅近くのママスクエアのような企業)などは早く実現したい政策です。

先ほど帰宅しました。明日に備えて休みます。

おやすみなさい。
IMG_4946.jpg

IMG_4967.jpg
posted by 石津けんじ at 22:44| Comment(0) | 戸田市長選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月15日

待機児童ゼロに向けて、当時、副市長として神保市長に「待機児童緊急対策室」設置を提言し、3年間で待機児童をゼロにする緊急アクションプランを策定しました。

戸田市で進む待機児童ゼロを目指した取り組みは、私が戸田市副市長に就任して最初に手がけた取り組みです。

戸田市の子育て施策を評価くださる方々が戸田市を選んで転入された結果、その数が予想をはるかに超える数であったこともあり、埼玉県で待機児童数が一番多いという状況に戸田市はなってしまいました。

そのために、この問題について、組織横断的な対応が必要と判断し、「待機児童緊急対策室」という部署をつくりました。

待機児童の解消には、保育園の増設・新設を行い必要とされる数を確保することは重要です。市が土地を用意し保育業者が上モノをつくるという形が一番進めやすいことから、土地の確保が重要になりました。戸田市ではJR東日本と交渉し、埼京線の高架に沿って設けられている「環境空間」と言われる空き地を活用したり、市所有の土地と交換したりして、保育園の建設地を確保していきました。そして、保育事業者と交渉し、戸田市への新設保育園の誘致を行ったり、既存の保育園の増床工事を進め、受け入れ児童数の拡大を図りました。

加えて、保育園ができてもそこで働く方を確保できないと、園がまわりません。そのために、戸田市の保育園で働いてくださるための待遇改善に繋がる支援施策を次々に決めていきました。

その結果、現時点では再来年度に待機児童がゼロとなる見込みです。ちなみに、4月から始まる新年度には認可保育園が6園開園し、待機児童数が540人解消いたします。

当時、副市長として神保市長に「待機児童緊急対策室」設置を提言し、3年間で待機児童をゼロにする緊急アクションプランを策定しました。

問題解決には、10年後を見通した上で必要な政策を立案するほかにも、必要に応じての組織改編、企業との提携、専門家の活用、人材育成、広報、財政的な支援等が重要となってきます。同時に施策を実現するための財源確保も必要です。

これらのことを副市長就任後直ぐにやりました。現在、全国的にも戸田市の取り組みが評価されています。そのあたりが神保市長にも評価いただいたようです。

人口減少・超高齢化時代に突入する日本。これまでになかった経験です。こんな時に、自治体のリーダーはどうあるべきかをいつも考えています。これまで22年にわたる私の行政運営の経験を戸田市のために役立たせます。

IMG_4917.jpg

IMG_4918.jpg
posted by 石津けんじ at 23:36| Comment(0) | 戸田市長選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。