2015年02月06日

「地方創生」説明・意見交換会

 自民党埼玉県地方創生実行統合本部が開催した、地方創生に係る「地方版総合戦略策定」説明・意見交換会に出席しました。
 内閣府審議官の説明は特に真新しいものはありませんでしたが、会場からの質問に新藤前総務大臣がお答えいただいたのがとてもよかったと思います。
 人口減対策は国が行うべきもので、市町村ではゼロサムに終わってしまう。これまでの国の様々な対策は一過性で、今回もあとで財政措置を打ち切られ梯子を外されるのではないかとの危惧を持っている。人口減を前提として、社会保障の税等の負担とサービスのあり方についての社会的合意を形成する努力をしていくべき、と私も意見を申し上げ、新藤前総務大臣が丁寧にお答えくださいました。

 02061.jpg
 
posted by 石津けんじ at 16:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。